FC2ブログ

青春の記録 2020年

・主な出演者(括弧内は役名):パク・ボゴム(サ・ヘジュン),
パク・ソダム(アン・ジョンハ),ピョン・ウソク(ウォン・ヘヒョ),
クォン・スヒョン(キム・ジヌ)

・おすすめ度:評価7(10点中)

・ロマンス度3★★★☆☆ コミカル度3★★★☆☆ 
 暴力度0☆☆☆☆☆ 泣ける度4★★★★☆
 
・一言あらすじ:モデルの卵として修業を重ねるヘジュン。姿はいいの
に鳴かず飛ばずで,貧しい生活を変えることができない。小学生の頃か
らの親友ヘヒョは,裕福な親の威光で俳優としても注目を浴びていたが,
そんな友を羨むことなく応援するヘジュンだった。
 彼らの日常に変化が起こったのは,ファッションショーのメイクアシ
スタントとして会場に来ていたジョンハとの出会いだった。ジョンハが
ヘジュンのメイクを担当したことで,ヘヒョを交えた同い年3人組の親
交が深まる。ヘジュンの夢を追うひたむきな姿にジョンハは憧れ,ジョ
ンハの笑顔と芯の強さにヘジュンが惹かれていく。そんな二人を応援し
つつも,ジョンハに熱い視線を向けるヘヒョがいた。
 
・見どころ:所属会社のマネジャーが稼ぎをピンハネする姿に業を煮や
したヘジュンは,家族に兵役か仕事かの選択を迫られるが,同じ会社を
辞めた女性の勧めで仕事を続けることを決意。これが運命の分かれ道と
なった。俳優のオーデションに合格し,運が開けてきたヘジュン。対照
的に仕事がなくなっていくヘヒョ。互いの胸の内を察しながら,静かに
見守るヘジュンとヘヒョの友情に,小学生時代からのもう一人の親友ジ
ヌが加わり,何も言わなくても分かりあえる3人の変わらぬ絆が深まっ
ていく。
 順風満帆に見えたヘジュンだが,知名度と人気が上がるにつれて,ア
ンチのバッシングと記者の執拗な暴露合戦に心が打ち砕かれそうになる。
そんな彼の心の癒しとなるジョンハだが,彼の苦しい心の内を共有でき
ない寂しさが募り,現実を思い知らされる。二人の恋愛に心中穏やかで
ないヘヒョだが,ジョンハに寄り添い,彼女を陰ながら支える。3人の
微妙な距離感とヘジュンとジョンハの恋の行方が気になる。

・感想:すごくドはまりするという感じではありませんでしたが,夢を
追いかけ実現していくヘジュンとそれを支える家族,友人,ジョンハの
姿が素敵で,じんわりと深い余韻が残る作品でした。特にパク・ボゴム
の泣きのシーンが素晴らしく,こんなに自然で美しくて感動的な泣き姿
は初めてでした。子犬のようなさわやかな笑顔から泣き顔まで堪能でき
ました。イ・ヒョヌと似ていますが,パク・ボゴムの方がごっつい強さ
がありますね。ボゴムの後頭部も好き。
 前半の売れない時代は,ヘジュンの家族が言い争う場面が多くて嫌で
したが,愛情は感じられ,最後は号泣でした。家族会議もよいですね。
 ジョンハのそっけないくらい冷静な感じもよかった。その生い立ちか
ら感情表現が苦手なのかなと思いましたが,恋愛関係にあってもわめい
たり感情を爆発させることがなくて,見ていて清々しい感じがしました。
それだけにお互いに押し殺した感情が昇華できないと収まりが悪くなっ
てしまうのでしょうね。
 そして,親友3人の友情が何より素敵でした。近い関係なだけに嫉妬
心が芽生えそうですが,相手の成長を願い助ける姿が素晴らしく,心が
震えました。それぞれの人生をかけた選択。各自が責任をもって人生を
全うしていく覚悟。周囲に支えられながら成長していき,逆に彼らの姿
に周囲も変わっていく,人生の一時点を共有できた気がしました。
 最後のシーンは兵役に行くボゴムからファンへの気持ち,そしてボゴ
ムの帰りを待つファンの応援メッセージかな。さわやかでした。韓国の
兵役制度は人生を左右する大きなものなのですね。更に深みを増して帰
ってきてほしいです。

コメント

Secret