FC2ブログ

純情に惚れる 2015年

・主な出演者(括弧内は役名):チョン・ギョンホ(カン・ミノ),
キム・ソヨン(キム・スンジョン),ユン・ヒョンミン(イ・ジュニ),
チン・グ(マ・ドンウク)

・おすすめ度:評価6(10点中)

・ロマンス度3★★★☆☆ コミカル度2★★☆☆☆ 
 暴力度4★★★★☆ 泣ける度3★★★☆☆
 
・一言あらすじ:非情な投資家と恐れられているミノ。父の死後,意図
的に父の経営権を奪った叔父をつぶそうと,会長となった叔父の会社に
乗り込む。その裏で,余命1か月と宣告されるほど心臓が悪化していた。
臓器提供者を待つ間もなく倒れたミノは病院に運ばれる。そこで,奇跡
的にその日,交通事故で亡くなった男性の心臓と適合することが分かり,
移植に成功。これが彼の人生の転機となった。
 移植後も叔父への復讐を果たそうと奔走するが,何かが違っていた。
会長秘書として長年叔父の会社で働いていたスンジョンを見ると胸が高
鳴る。父を裏切った男の娘として毛嫌いしていたはずの彼女になぜ心臓
が反応するのか。非常な男の心に,一筋の光明が差し込む。
 
・見どころ:ミノが心臓移植後に一人の女性を純粋に愛するようになる。
この変化を中心に,心臓の持ち主をめぐる殺人事件,企業買収と権力闘
争,スンジョンを巡る男の争いが物語に色を添える。ミノの一途な思い
はスンジョンに届くのか。そして最後に笑うのは誰なのか。

・感想:心臓が昔の自分を覚えている・・・細胞レベルでの不可思議な
現象が新鮮でした。自分が愛する人は一体誰なのかとスンジョンが悩む
姿も「さもありなむ」です。ただ,なんとなく没頭できなかったのは,
ミノが突然大声を出すので怖かったからか,ジュニが最後まであがいて
しっぽを出さずにいるせいか,ミノがとことん追い詰められるシーンが
身につまされるからでしょうか。
 階段でのミノとスンジョンの純粋なやり取りとお互いの笑顔は素敵で
した。

明日,キミと 2017年


・主な出演者(括弧内は役名):イ・ジェフン(ユ・ソジュン),
シン・ミナ(ソン・マリン),キム・イェウォン(イ・ゴンスク),
チョ・ハンチョル(ドゥシク),カン・ギドゥン(カン・ギドゥン),
パク・ジュヒ(シン・セヨン)

・おすすめ度:評価6(10点中)

・ロマンス度3★★★☆☆ コミカル度1★☆☆☆☆ 
 暴力度3★★★☆☆ 泣ける度3★★★☆☆
 
・一言あらすじ:あの時,僕を爆発から救ったのは君だった。見知らぬ
キミ。そして僕はタイムトラベラーになった。
 7年前,両親と乗っていた地下鉄で彼女と出会い,いざこざになって
駅に降りた。その直後,両親の乗る地下鉄が爆発し,僕は生かされた。
それ以来,現場を通過する時,ソジュンは地下鉄で過去と未来を行き来
できるようになった。
 未来で自分と同時に死ぬ夢を見た彼女。一体誰なのか。自らの運命を
変えようと奔走する中,彼女が7年前に自分を救ったマリンだと知る。
同時に生かされ,同時に死ぬ運命を背負った二人。子役で活躍し落ちぶ
れた彼女は,酒癖が悪く,人生に挫折していた。彼女とは関わるまいと
思いながら,その心とは逆にソジュンの気持ちは次第にマリンに傾いて
いく。君は一体誰なのか。ソジュンは自分とのつながりを探り始める。
 
・見どころ:過去と未来を往来できるソジュンだが,数年後に死ぬ未来
は変えられない。どうすればよいのか。その答えを探すため,運命の出
会いをしたマリンを追い求める。
 馬が合うのか合わないのか。ソジュンとマリンの間柄はどう進展する
のか。刻々と時間が過ぎゆく中,二人の未来を変えるためソジュンは苦
悩し,奮闘する。しかし,運命を変えるたび,更に複雑な運命が待ち受
けることをソジュンはまだ知らない。

・感想:タイムスリップものはよくありますが,過去と未来を日常的に
何度も往復する設定はなかなかありません。不思議な感覚でしたが,何
度も行き来するうちにどの時点の話なのか混乱することがあり,すんな
り筋が入ってこないことがありました。楽しかったのですが,ちょっと
作りすぎたかなぁという印象。
 正直,主人公二人のキャラがあまり好きではなかったのですが,ソジ
ュンの必死さとマリンの一途さはよかったと思います。最初のぎこちな
さからお互いの愛情が高まるまでたっぷり見せていただきました。未来
のグッズが過去になっていく寂しさとやるせなさもフィナーレに向けた
アクセントになっています。家族愛にもほろり。
 ストーリーとは直接関係ないのですが,自動お掃除ロボットがペット
みたいに呼ぶと寄ってきてかわいいですね。マリンがお酒のつまみをロ
ボットに餌のように投げ,それを拾う姿が愛おしく感じました。

彼女はキレイだった 2015年

・主な出演者(括弧内は役名):ファン・ジョンウム(キム・ヘジン),
パク・ソジュン(チ・ソンジュン),コ・ジュニ(ミン・ハリ),
チェ・シウォン(キム・シニョク)

・おすすめ度:評価8(10点中)

・ロマンス度5★★★★★ コミカル度5★★★★★ 
 暴力度0☆☆☆☆☆ 泣ける度4★★★★☆
 
・一言あらすじ:また,君を好きになったんだ。今の僕が・・・。
 子供のころは美少女で優等生だったヘジン。成長するにつれ輝いてい
たかつての面影は失せ,今や残念な容姿の無職の女性となっていた。そ
んなヘジンのもとに,渡米して14年間会っていなかった初恋相手のソ
ンジュンからメールが届く。
 お互い初恋相手のヘジンとソンジュン。太っちょで友達からいじめら
れていたソンジュンはどんな大人になっているのか。懐かしさを胸にソ
ンジュンに会いに行ったヘジンだが,待ち合わせ場所に来た彼は自分に
は目もくれず通り過ぎてしまった。「そうだ,私は昔のヘジンではない
んだ。」イケメンに変身したソンジュンを前に容姿に自信がもてないヘ
ジンはとっさに身を隠し,同居している美人の友人ハリに代役を頼む。
美人に成長した「ヘジン」を見たソンジュンが心躍っている姿を見て,
ヘジンの心はざわつく。
 そうこうしているうち,ファッション誌の会社に就職できたヘジンは,
急遽編集部に配置転換される。容姿に無頓着なヘジンだけに編集部では
かなり浮いた存在だったが,そんなある日,あのソンジュンが副編集長
としてアメリカ本社から派遣されてくる。本物のヘジンだと気が付かな
いソンジュンは,イケていない容姿と態度のヘジンを疎ましく思い,つ
れない態度をとる。名乗れない悔しさと寂しさに胸が押しつぶされそう
になるヘジンだが,そんな彼女をからかいつつ,同僚記者シニョクがあ
たたかな目で見守る。
 
・見どころ:別人を初恋のヘジンだと思い込むソンジュンは,どんどん
彼女にのめりこんでいく。ヘリもまた,頭では親友の思い人だと理解し
つつ,寂しい時に思いやってくれるソンジュンに次第に気持ちが揺らい
でいく。密かに高まっていく親友とソンジュンの仲。そのことを知らな
いヘジンと,彼女の天然なかわいらしさをいち早く見抜き,ソンジュン
への思いを自分に向けさせたいと願うシニョク。それぞれの恋の駆け引
きがストーリーをつないでいく。
 ヘジンの何気ない行動にかつての恋人を思い出し,激しく心が揺さぶ
られるソンジュンの心の七変化に切なさと希望が宿る。
 廃刊の末路を回避すべく孤軍奮闘するソンジュンと厳しく接する彼を
最低男と呼ぶ出版社の仲間たちの微妙な関係が次第に変化していく様も
見逃せない。

・感想:とにかく幸せなストーリーでした。ソンジュンが別人をヘジン
だと思い込み,本物には相当厳しい言葉を投げかける前半部分はかわい
そうで,胸がつぶされそうでしたが,次第に変化するソンジュンの気持
ちに救われました。
 ファン・ジョンウムはヘジンのような快活でやさしくて情けない姿を
さらけ出す女性を演じるのにうってつけの女優さんですね。自作自演か
と思うほど突っ込みどころ満載のコミカルな演技に心底笑えました。変
人と呼ばれるものの,実は情け深いシニョクとの掛け合いも楽しめまし
た。ヘジンの両親が素敵で,互いを思いやる親子の姿に涙しました。
 パク・ソジュンは,ツンデレ系の前半と後半の甘えるような目つきの
笑顔が印象的。かっこよく決めるソンジュンなのにどこか抜けていると
ころもかわいいし,前髪ありのプライベートな姿もかわいい。突然自宅
の部屋に現れるシニョクに驚く姿も笑えました。クールなだけでなく,
多様化した姿を見せるパク・ソジュンの演技に懐の深さを感じました。
 何より,この物語では,容姿が変わったヘジンのありのままの姿を受
け入れ,愛しく思うソンジュンがとっても素敵でした。ヘジンはお化粧
法を変え,髪形を変えて「きれい」になってソンジュンの前に登場する
のですが,その外形のきれいさを愛したのではなく,内面からにじみ出
るヘジンの美しさを大事に思い,いつくしむソンジュンが最高。自らで
きないと決めつけ殻に閉じこもっていたことに気が付き,自信をもって
人生を切り開いていく力強さを身に着けたヘジンにもエールを送りたい
気持ちです。辛い過去から飛び出し明るい光を追い求めたい方にお勧め
です。ぜひ,幸せを噛みしめてください。

私たち,恋してたのかな? 2020年

・主な出演者(括弧内は役名):ソン・ジヒョ(ノ・エジョン),
ソン・ホジュン(オ・デオ),ク・ジャソン(オ・ヨヌ),
ソン・ジョンホ(リュ・ジン),キム・ミンジュン(ク・パド),
キム・ダソム(チェ・アリン)

・おすすめ度:評価7(10点中)

・ロマンス度4★★★★☆ コミカル度2★★☆☆☆ 
 暴力度3★★★☆☆ 泣ける度3★★★☆☆
 
・一言あらすじ:14歳の女の子をもつシングルマザーエジョンは,よ
うやく雇ってもらえた映画制作会社で懸命に働いた。社長から認められ
PD(プロデューサー)としてデビューすることが決まったが,その矢
先,社長が多額の借金をして行方不明となり,連帯保証人として10億
超もの負債を背負わされることになる。絶体絶命のエジョン。なんとか
生き残る道を探ろうと奔走する中,偶然,会社が今を時めく人気作家の
デビュー作の版権を持っていることを知り,藁をもつかむ気持ちで作家
にアプローチする。その作家が14年前に別れたエジョンの恋人だとも
知らずに。
 14年の時を経て再会したPDエジョンと作家デオ。二人の愛憎が渦
巻く中,子育てをしながら必死で生きるエジョンを慕う3人の男性ヨヌ,
ジン,パドも加わり,恋のバトルが繰り広げられる。
 
・見どころ:14年前一人で出産し,必死で娘を育て生きてきたエジョ
ン。今さら恋なんて考えられないと母親に徹しようとするが,エジョン
の魅力に取りつかれた男性4人のそれぞれの思いがこもった行動に心が
揺れる。
 多感な年ごろの娘が傷つかないことが一番大事。そう言い聞かせるが,
エジョンの心に宿った小さな灯は意に反して大きくなっていく。恋する
気持ちに気付いた時,強がっていた仮面が剥がされる。彼女がその手を
とるのは誰なのか。苦難を乗り越えた先に見える景色はなんだったのか。

・感想:若い主人公のはつらつとしたラブロマンスではなく,大人の渋
い訳アリロマンスでしたが,それぞれの事情や背景が複雑に絡んで,結
構,濃い内容になっていました。愛する人を守りたいという強い思いが
随所にあふれていて素敵でした。これだけみんなに愛されるエジョンて
凄い。
 それにしても,ファン・ジョンウムとハン・ジミン,ハン・ジミンを
お姉さん的にしたソン・ジヒョが似ているように思うのは私だけでしょ
うか?

1%の奇跡~運命を変える恋 2016年

・主な出演者(括弧内は役名):ハ・ソクジン(イ・ジェイン),
チョン・ソミン(キム・ダヒョン),キム・ヒョンミン(ミン・テハ),
イム・ドユン(チョン・ヒョンジン)

・おすすめ度:評価6(10点中)

・ロマンス度4★★★★☆ コミカル度1★☆☆☆☆ 
 暴力度0☆☆☆☆☆ 泣ける度2★★☆☆☆
 
・一言あらすじ:1%の何かが誰かの99%の幸せになる,それは人生
の奇跡と呼ぶべき特別な何か。
 小学校の教師ダヒョンは,課外活動をしている最中に山で倒れた老人
を発見。どこの誰ともわからない人だったが,病院で懸命に看護した。
そんなダヒョンの優しさにいたく感動した老人は,彼女に全財産を相続
させると宣言。その老人こそ,財閥ソンヒョングループの会長だった。
 相続の条件は会長の孫ジェインとの結婚だったが,それを知ったジェ
インは祖父と交渉し,6か月間の真剣交際という条件に譲歩してもらう。
ジェインは条件をクリアするために,見ず知らずのダヒョンに取り入ろ
うとするが,真面目ではっきりと物を言うダヒョンは自分には無関係と
突っぱねるばかり。ギブ&テイクで彼女の希望を取り入れることを条件
にジェインはようやく6か月間限定の恋愛契約を取り付ける。財閥御曹
司と小学校教師の奇妙な契約交際がスタートする。
 
・見どころ:仕事はできるがわがままな御曹司ジェインとしっかりもの
で慎ましいダヒョン。育った環境も価値観も全て異なる二人が,その違
いを乗り越えて恋を成就することはできるのか。
 噛み合わない二人が次第に歩調を合わせていく過程には,時折顔をの
ぞかせる内に秘めた互いの優しさがあった。

・感想:財閥御曹司と庶民の女性との奇跡的な運命の恋という設定はあ
りがちテーマなものの,主人公二人の恋はピュアで素敵でした。1%の
特別なものが誰かの唯一無二の幸せになるというコンセプトも好き。た
だ,全体的にやや作り物感があって,おままごとみたいなラブストーリ
ーだったかな。二人の間を引き離そうとする手口がちょっとチープな感
じで,ライバルもライバルになっていないので皮肉な印象だけが残りま
した。胸キュンシンデレラストーリーなだけに,脇の盛り上げ役が今一
つで惜しい・・・。
 でも,チョン・ソミンのキュートな笑顔とかわいい仕草がとっても素
敵で癒されました。